Ryotabi

海外放浪中の大学生によるだらだら日記

帰国の航空券を買ったんです

どん。お久しぶりです。

現在、僕はポルトガルのポルトにいます。

 

 

さて、タイトルの通り、日本へ帰国する航空券を昨日購入しました。


4月4日から始めた『陸路海路ユーラシア大陸横断紀行』、いよいよ終わることが確定したわけです。

(たいそうな題名をつけましたが、そんなたいそうな事はしておりません)


購入した航空券はといいますと

11月14日にユーラシア最西端のポルトガル・リスボンを発ち、翌15日に極東ジパングのナリタへ到着する便です。

 

 

 

航空券取るのおっそーーーーー!!!!

 

 

帰国まで1週間切ってからチケット取るってなかなか呑気ですね。売り切れてたら面白かったのに。

 

 

9月末くらいから、この時期に帰国することは諸々の事情によって決めていました。

その事についてはこの記事でぼやいてます。

https://www.ryotabi.net/entry/2019/09/29/%E3%81%93%E3%81%AE%E6%97%85%E3%81%AE%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F

 


では、なんでこんなにも購入を躊躇ったのか。

 


旅を終わらせたくない。

それもあります。


どこの空港から飛ぶのが最適か見定めていた。

それもあります。


なにかと噂の聞くアエロフロートでいいのか。

それもあります。


片道なのに5万円超えって高くないか。

それもあります。

 

 

まぁ、そんな感じです(雑)。

 

 


"旅を終わらせたくない"と言いましたが、しかしそれについては少し語弊がある気がします。


もしまだ続けられるとしたら続けるか。

難しい質問です。

 


ユーラシア大陸横断達成。

それが僕の中で一区切りになる気がするからです。

 


この道中で、やりたいこと、行きたいところ、知りたいこと、色々増えました。


だからそれを一回整理しに、日本へ帰ろうというわけです。

 

 

でもまた海外は何度だって行きますよ。

いつかは決まってないけれど、学生のうちにラテンアメリカとアフリカは行くし、ミクロネシアの島々に中東や北欧も。

遠くに行けば行くほど、今まで遠かった国を身近に感じていきました。

 


また行きたい国だって沢山増えました。

ミャンマー 、バングラデシュ 、パキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、アゼルバイジャン、ルーマニア、スペイン …枚挙に暇がありません。

 

 


でもそれらも含めて、一旦日本へ持ち帰りましょう。そうしましょう。

 

 


さ、フライトまでの6日間。どう過ごすかな。分からないな。だって毎日雨なんですもん。どんなタイミングだよ一体。

 


でも1日だけ晴れる日があるそうです。

その日にユーラシア最西端・ロカ岬から大西洋を仰ぎ見ようと思います。

 

 

どんな感情になるんだろうなぁ。

 


「やっぱ終わりたくない」

 


頭では分かってても、そんな事を思ってしまうんだろうな。

f:id:ryotabi:20191109223728j:image