Ryotabi

大学生によるユーラシア横断紀行やインド紀行

【世界一周90日目】バングラデシュの世界遺産バゲルハットへ!

f:id:ryotabi:20191204225859j:plain

人の不幸を笑うな

どん。

この日はピアーシ君が忙しいので他の2人の青年たちと遊ぶことに。

その2人がまさしくコルカタで運命的な出会いをし、僕をクルナに誘ってくれた子達なのです。(↓の81日目の話)

【世界一周78-86日目】西ベンガル州最大の都市・コルカタでの日々 - Ryotabi

f:id:ryotabi:20191203234047j:plain

待ち合わせまでその辺でご飯

 

そして向かう先は、同じくクルナ管区にあるバゲルハット!

ここは世界遺産の登録されていて、正式名称は「バゲルハットのモスク都市」。

名前にもある通り、15世紀前半にカン・ジャハンによって建てられたモスクなどが登録されています。現存しているのは50ほど。1

 

まずはリキシャでバスターミナルへ向かいます。移動は彼らに任せっきり。

f:id:ryotabi:20191203234426j:plain

 

ガタガタ道を1時間ほど進み、バゲルハット観光の目玉シャイト・ゴンブス・モスクの前で下車!

f:id:ryotabi:20191204112113j:plain

f:id:ryotabi:20191204105919j:plain

外国人入場料は200タカ(255円)

f:id:ryotabi:20191204112201j:plain

敷地内にはブランコやシーソーがあったのでもちろん遊んでおきました

f:id:ryotabi:20191204110136j:plain

モスクへ続く門

さて、このモスクの名前である「シャイト・ゴンブス」の意味は「60のドーム」。

その名の通り、無数のドームが連なっている建築様式です。実際のドームの数は77ですけどね。

f:id:ryotabi:20191204194424j:plain

f:id:ryotabi:20191204194635j:plain

ドームを支える列柱が美しい

この日は誰もいなかったですが、モスクとのしての機能は今でも続いているようで絨毯などなど揃ってました。

f:id:ryotabi:20191204194850j:plain

様になるねぇ

柱の下にいる僕と比べるとその大きさが分かると思います。ムガル帝国以前の国内のモスクだと最大級だそうです。

それと、モスク行くのにうっかり短パンで来てしまいました。超腰パンして入りました。すいません。

f:id:ryotabi:20191204194924j:plain

 

モスクの裏には溜め池があったのでココナッツ飲みながら休憩。地元の人たちは沐浴と言う名のスイミングしてました。

f:id:ryotabi:20191204195721j:plain

バカンス感出てて恥ずかしい

敷地内に併設されてる博物館(館内撮影禁止)を見て、次の場所に移動です。

 

リキシャに乗って向かった先はカン・ジャハン・アリーの霊廟(Khan Jahan Ali Majar Mosque)

大通りとモスクを南北につなぐ数百mの道は参道のようになっていてお土産や商店が並んでいます。  

f:id:ryotabi:20191204200202j:plain

 

そしてその南にある大きな溜池にはなんとワニが住んでいるらしいです!真意は分かりませんが、そのように言い伝えられていて、神聖な場所になってます。

 

釣り用でしょうか、このような木1本で繋いだだけの足場のような所がいくつもありました。

f:id:ryotabi:20191204215837j:plain

 

りょうた!あそこに行くぞ!

そう言ってサジッドはすたすたと丸太をつたって行きました。

f:id:ryotabi:20191204220129j:plain

 

呼ばれたのなら断らぬ。それが漢。

僕も竹の手すりを握りしめながら慎重に渡ります。

f:id:ryotabi:20191204220256j:plain

 

 

そして足場にと・う・ちゃ・・・く!

 

 

 

 

バキーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

成人男性2人の重さに耐えかねて足場が崩落しました(笑)

 

(笑)とか言ってますが全然笑えません。

 

全てがスローモーションに見えて間一髪丸太に避難した僕は助かりましたが、サジッド君はこの通り...。

 

f:id:ryotabi:20191204220732j:plain

腰までびっしゃり

 

彼のポケットの入っていたお財布、iPhoneはお陀仏

カバンに入ってたCanonの一眼レフは助かってました。

 

とりあえず財布の中身を乾かす。

 

本当に...本当に不憫...。

僕がもっと痩せてたら...。

 

それと...

この足場の所有者様、本当にごめんなさい。土下座。

(少し後に見に行ったらおじちゃんが修理してました)

f:id:ryotabi:20191204221859j:plain

ばっくり逝ってるなぁ・・・


もし僕の財布やiPhoneが逝ったら、即帰国しますね。ぶっちゃけ。

大体の人はそのくらい凹むと思います。

 

でも彼のすごい所は立ち直りの速さ。

すぐさま池で全身洗浄。

f:id:ryotabi:20191204222513j:plain

 

僕のサンダルも気づいたらぶっ壊れており、たまたま近くに修理屋さんがいたのでお願いしました。たったの10円。物は大事にしましょう。

f:id:ryotabi:20191204222721j:plain

 

サジッドが池ぽちゃ(ぽちゃどころではない)してしまったのでクルナに戻ることに。

 

びしょびしょのままクルナに帰還し、まず向かったのは銀行。

銀行のカード、お金も水没してしまったもんですから。

そしてお次は携帯の修理。

あぁ...インシャラー。

 

修理待ちの間、もう1人の青年アラフ君とクルナで一番美味いビリヤニ屋さんに行きました。

f:id:ryotabi:20191204223832j:plain

大盛りすぎ

 

そして携帯修理を終えたサジッドと合流!

画面の半分が真っ黒になったけどなんとか使えるようになったらしい!

嬉しい!不幸中の幸い!

これでなんとか笑い話で済みそうです!

 

 

 

すると後日、彼から連絡が来ました。

 

 

 

f:id:ryotabi:20191204224822j:plain

 

 

 

 

 

斬っっっっっっ!!!!!!!!!

 

 

 

最後までありがとうございました。サジッド君への同情も込めて下のバナークリックしてくださると天に召されたiPhoneも幸せだと思います。

知らんけど。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村