Ryotabi

大学生のユーラシア横断紀行やインド紀行

【世界一周91-92日目】さよならクルナまたいつの日か

f:id:ryotabi:20191205150011j:plain

91日目

 お母さんの手料理で朝が始まります。

f:id:ryotabi:20191205092216j:plain

ココナッツ味のお粥

この日は近所の親戚のお家を巡ります。挨拶回りですね。その度にチャイやらお菓子やらをご馳走になるのでお腹がパンパンですっていう日記。

f:id:ryotabi:20191205094649j:plain

 

たまたま寄った売店でも見知らぬお兄さんがアイスを奢ってくれました。着実に顔が丸くなって来てます。

f:id:ryotabi:20191205105849j:plain

f:id:ryotabi:20191205105750j:plain


 ピアーシのお友達ともお喋り。今時の女子って感じで楽しかったなぁ。

f:id:ryotabi:20191205110835j:plain

f:id:ryotabi:20191205111006j:plain

クルナの夜景?

親戚の兄ちゃんがやってる串焼きのお店にも連れて行ってくれました。牛肉めちゃうま。

f:id:ryotabi:20191205111245j:plain

 

最後はピアーシのおじいちゃんとお茶。

ゴテゴテに甘いこの球体、名をグラブジャムンと言います。

いつもは大好きなんだけどこの時ばかりはひとかじりするのもキツいくらい満腹でしたね。

ま、食べきっちゃうんですけどね。

f:id:ryotabi:20191205111504j:plain

 

沢山の人に出会い、沢山の優しさを頂いた日。

「おもてなし」なんて口にはしてみるけど、本当のそれはバングラデシュありましたよ、クリステルさん。

f:id:ryotabi:20191205111948j:plain

 

そしてこの夜、お母さんが突然泣き出してしまいました。

 

僕がもう少しでいなくなるのが悲しいんだってさ。

 

拙い英語で「You remember Mama?」って。

 

 

もちろん。

 

92日目

2、3日のつもりが、気づいたらクルナ6日目の朝。

本当はもっと滞在したいのですが、7月の半ばまでにネパールへ行かなければいけません(この日は7月初頭)。

 

というのも、両親が会いに来てくれるのです。

こんな喜ばしいことはあるでしょうか。最愛の息子のために、最愛の父母が海を超えるのです。

 

クルナ→ダッカ→(インド)シリグリ→ダージリン→(ネパール)カトマンズと歩を進めたい。

色々トラブって予定が崩れる恐れもあるので、この日の翌日にダッカへ向かうことにしました。

バスは翌早朝、つまりこの日が実質クルナ最終日です。

 

さて、お昼ご飯は数日前にも招いてくれたご近所さんのお家で食べました。振舞ってくれる量が尋常じゃないので胃袋ビックバンと呼んでます勝手に。

味は本当に美味しい。全部カレーですがそれぞれ個性があって楽しいです。バングラ来てから毎日3食カレーにも拘らず、飽きることはありませんでした。

f:id:ryotabi:20191205113650j:plain

今日も豪華ザマス

 

そしてなんと!バングラデシュの伝統服・パンジャビをプレゼントしてくれました(泣)

パンジャビは普段使いの無地のものと、刺繍入りの晴れ着があるのですが、嬉しいことに後者のゴージャスな方を頂きました。

早速着てみるとサイズもぴったりでいい感じ!

f:id:ryotabi:20191205114251j:plain

 

午後はいつもの3人、ピアーシ・サジッド・アラフともう1人ニューカマーを加え5人でドライブ!

f:id:ryotabi:20191205115017j:plain

絵になるぅ〜う

 2台のバイクに分かれて出発です。

しばらく走って気づきました。

 

 

 

こいつらヤベェ。

 

 

ただでさえ交通マナーの悪いバングラデシュで煽り運転。

車通りの少ない一本道に差し掛かると超スピードアップ。

手放し運転。

そして後ろの奴は立ち上がる。

 

 

 

やめてくれええええええええ!!

 

 

日本ですら暴走族やヤンキーを見たことのない僕は震えあがってました。

怖い×10ですよ本当。

 

でも、でも少しだけ。アドレナリンの出てる自分もいました。

f:id:ryotabi:20191205135413j:plain

しっかりノーヘル

 

そんなファンキーな走行を終え、たどり着いたのはJICA協力のもと建設されたルプシャ橋!ヤンキーボーイズも「日本のおかげだ」って。

夕方、ここはサンセットスポットとして市民の憩いの場になっています。

ルプシャ橋建設事業 - ODAが見える。わかる。

f:id:ryotabi:20191205134141j:plain

f:id:ryotabi:20191205135254j:plain

橋ができる前は船で渡らなければならなかった

 

チャイブレイクし、クルナ大学へお邪魔し、何故か病院を見学し、クルナ駅で列車に乗り、小腹を満たし、最後には再びルプシャ川沿いのデートスポットへ行きしょうもない下ネタトークに花を咲かせました。

f:id:ryotabi:20191205140116j:plain

クルナ大学のモニュメント

f:id:ryotabi:20191205140147j:plain

綺麗なクルナ駅

f:id:ryotabi:20191205140406j:plain

屋台スナック

f:id:ryotabi:20191205140610j:plain

謎ポーズしがち

 

ヤンキーボーイズには本当に楽しませてもらいました。いい友達だゼェ。また会う日まで。

 

いよいよ別れの時間が近づいてきたのでご近所さんや親戚に挨拶を。

 

パンジャビをくれた家族。バングラやミャンマーの衣装ロンジーを履いて上下バッシリ決めました。

f:id:ryotabi:20191205142008j:plain


親戚の子達も集まってくれました。

f:id:ryotabi:20191205143211j:plain

 

最後の晩御飯。胃が満たされる日々だったなぁ。

f:id:ryotabi:20191205143331j:plain

 

最後に家族からメッセージをもらいました。

「あなたは私たちの息子よ」って。泣いちゃうよ。

f:id:ryotabi:20191205143729j:plain


沢山のお土産をも。

f:id:ryotabi:20191205144036j:plain

 

まるで自分家のように落ち着くこの部屋ともさらば。

 

最後にぐっすり寝ようと思ったらピアーシとの会話が白熱。

イスラム教について気づいたら3時間ほど話してました。

 

さよならクルナ、思い出いっぱいの大好きな場所になりました。

 

朝5時です...。

 

 

最後までありがとうございました!ぜひポチッとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村